2018年4月4日水曜日

気持ちの切り替え方2

前回の投稿に引き続き、「気持ちの切り替え方」について書きます。
"私なりの"気持ちの切り替え方です。
参考程度にどうぞ。


海外ドラマ、韓流ドラマを見る

TSUTAYAでDVDを借りて見てます。
映画もいいですが、続きもののドラマが良いです。
「次どうなるのだろう〜?わくわく」している間、同居家族の事は綺麗サッパリ忘れてます。
片時も悶々と悩んだりイライラしている事が一瞬でも忘れられるって、とってもいい。

私は、お菓子とコーヒーを用意して誰にも邪魔されず一人でDVDを見ている時間が至福の時です。
一人が好きなのでちょっと根暗?かもしれません(^^;)


特に思うのが、米国ドラマは会話がジョークの掛け合いになっていて面白い。
どんな嫌味もジョークで返せそうに思えてきます。

韓流ドラマもコメディタッチのものが好きです。

海外ドラマをみることは、頭の中の日本の常識を飛び越えるのが重要で、自分のキャパを広げるにももってこいです。

一瞬でも悩み事を忘れると同時に、外国人の会話のノリを取り入れているのです。

そう、
義両親と楽しい会話をするためには、相手を外国人と思って会話すれば良いのではないかということ。

わかり合えると思ってはいけない。相手は外国人と思っていればイライラも軽減されるかもしれません。


仕事をする

やっぱり仕事で頭いっぱいにしていれば、同居家族の事は綺麗サッパリ忘れているので良いです。
ボランティアも良いですが、お金を貰える仕事であればなお良しです。
100円でも1000円でも自分が自由に使えるお金を持つ事は、精神安定に必要不可欠だと思います。

DVDも借りられるし。(まだ言うか^^;)

私は在宅で仕事をしています。
結婚してから独立したフリーランスです。

幸い、段々とお仕事をもらえるようになってきました。
独身の時は会社員でしたが、自力で稼いだお金がこんなにもありがたいものだと今更実感してます。
もちろん、夫の稼ぎがあって自分がフリーランスでいられるので、夫にはとても感謝しています。


ワークショップや習い事にいく

私は自分が少しでも昨日の自分より成長していると実感できたら、嬉しく思うタイプの人間です。
ワークショップなり習い事なり、自分のできない技術を学んでスキルアップしたらやる気がでてきます。

また、悩んで辛い時に家にいても同居家族がいるので、そういう時こそ外に出た方がいいと思います。

お子さんがいる方は、子供と一緒に何か参加できるワークショップなど探してみるとあると思います。


おわりに

気持ちの切り替えをしようと思って、やって良かった自分なりの方法を書きました。
実際問題、共通して言えるのは「少し距離を置く」ことではないでしょうか。

私の場合は物質的な距離を置く(家を出ていく)事がすぐにはできないので、精神的に距離を置くしかありません。

適度な距離感をもって、なるべくイライラせずに過ごしたいと思います。

我慢と忍耐はつづく同居嫁アーちゃんでした。